ニュース一覧へ戻る

6月20日開催:ロボット開発者と考える、テクノロジーは人を幸せにする?


ライブ配信概要

利便性と効率化によって生活を豊かにしてきたテクノロジー。
しかし AIに仕事が奪われたり、人との触れ合いが失われるなど、幸せと結びつかない側面も生まれてきました。

林さんはテクノロジーの新しい役割として「心を満たすことができないか」という問いをきっかけに、愛する力をはぐくむためのロボット『LOVOT』を開発。

名前を呼ぶと近づいたり、抱っこをねだったり。
最先端技術によってまるで本物の生きもののような愛くるしい存在に。
人に寄り添う癒しの効果で安心や心のケアをもたらしています。

「人の代わりに仕事をしないロボットが人を元気にする」と語る林さん。
人を幸せにするテクノロジーについて、林さんはどのように考えているのでしょうか?

※プログラムに参加する際には、自分の顔が映ったり自分の声が入ることはありません。

■林 要
1973年愛知県生まれ。東京都立科学技術大学(現・首都大学東京)大学院で機械システム工学を学ぶ。新卒で入社したトヨタ自動車では、スーパーカー「レクサスLFA」やトヨタF1の空力開発、量販車開発マネジメントを担当。2012年ソフトバンクに移り、「Pepper(ペッパー)」のプロジェクトメンバーに登用される。2015年GROOVE Xを設立し、2018年にLOVEをはぐくむ家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」を発表。2019年12月より出荷開始。

開催日時 
6月20日(日)21:00-22:30

参加方法(10代限定)
Inspire Highへメンバー登録(無料)をしてご参加ください。

メンバー登録はこちら: 
※学校や留学団体経由で知った方の登録はこちらから。
https://service.inspirehigh.com/school/user/create/
※Inspire Highは、10代限定のサービスです。
※登録後、Inspire Highのアプリから参加いただきます。


参考情報
●GROOVE X / official website
https://groove-x.com/
●林 要 / Twitter
https://twitter.com/hayashikaname
●林 要 / note
https://note.com/lovot_kaname1213
●「弱いロボット」が、人や社会を強くする? LOVOT生みの親・林要さんに聞く -HUFF POST
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5e2cfa0ec5b6d6767fd5b61f
●インタヴュー:LOVOTをつくった林要が考える、ロボットの「新しい宿命」-WIRED日本版
https://wired.jp/2018/12/18/lovot-groovex-interview/

Inspire Highのライブ配信セッションとは?
世界中の創造力と自分をつなぐ、10代のためのライブ配信プログラム。毎回異なるクリエイティブな大人たちと一緒に、答えのない問いに向き合う内容でお届けしています。

クリエイティブディレクター 辻愛沙子さん(ダイジェスト版)

セッションの流れ

体験者の声
・「わたしの将来、どうなるんだろう??やりたい仕事ってあるのかな?」と思っていたけど、いろんな仕事、生き方をしている人がいて、そしてみなさんとても楽しそうでした。みなさんに共通していたことは、「好きをつきつめる」と「他人の意見に流されない」ことでした。そのおかげで、自分だけのオリジナルの職業や、天職に出会えていました。私もそんな天職に出会うため、好きなことを続けたいと思います。

・毎回のセッションで、その人の持つ人生観、哲学だったり、その人なりの物事への「視点」を知ることで、自分の世界にはまだまだ面白い「未知」が溢れてるんだなと気付くことが出来ました。

ニュース一覧へ戻る